税務相談ブログ

2012年8月24日 金曜日

本日の税務相談!


 
 私は、6月から保険会社に勤めていますが会社の方で年末調整をせず自分で確定申告をするように言われました。今、訪問の為の交通費など全てが実費です。会社からは、給料という形で貰っていますが経費を確定申告する事は出来ますか?


 
 サラリ-マンでも経費は使いたいですよね。
 あまり知られていませんが、所得税法の規定にもサラリ-マンの経費を一部認める規定があります。

 給与所得には週よ所得控除額という経費的な控除額があります。
 したがって、原則的には経費を控除する余地はありません。

 しかし、あまり適用されるケ−スが多くないですが「特定支出控除」という規定があります。
 通勤費、転居費、研修費、資格取得費、帰宅旅費につきましては、その合計額が給与所得控除額を超える場合は特定支出控除が適用されます。
 (領収書等を保管して、年末にご自身の給与所得控除額と比較してみてください)

 さらにですが、平成25年分の所得税申告からは、特定支出の範囲が拡大します。
 上記5項目のほかに、資格取得費(弁護士、公認会計士等の)と勤務必要経費(職務関連図書、仕事の衣服費、職務に必要な交際費、65万円が限度となりますが)が追加されました。
 また、特定支出控除の適用判定、計算方法が給与収入が1500万円以下でしたら、「給与所得控除額×1/2」を超えればその超えた金額が特定支出の控除額となります。

すなわち、来年から特定支出が使いやすくなるということです。

 必要なことは、まずは、特定支出に該当する領収書等をしっかり保管することです。
 この規定の適用があれば、おっっしゃるところの交通費は費用計上できるでしょう。

 税金は安いに越したことはありません。
 知っていれば得することもあります。
 今日もお客様のために頑張っています。
 川崎市宮前区鷺沼、税理士五味英樹の税務相談ブログでした!


このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 税理士 五味英樹事務所

アクセス


大きな地図で見る

〒216-0004
川崎市宮前区鷺沼1丁目11番地1鷺沼DIKマンション216号

お問い合わせ 詳しくはこちら