税務相談ブログ

2012年9月25日 火曜日

2か所以上から給与をもらっている場合の確定申告

本日の税務相談です。
2か所から給与をもらっているケ-ス。
確定申告は義務ですので、気をつけましょう。


 6年ほど前から2つの仕事で給与を受け取っていましたが、どちらもしっかりとした企業だったので納税のことなど特に気にすることなく給与を受け取っていましたが、先日友人からそれは確定申告が必要なはずと言われて、さらに必ず高額の追徴金があると言われ青ざめています。
 1件は年収450万ほど、もう1件は180万ほどです。
 これ以上追徴が増えないよう今年から申告しようと思っていますが、追徴金がどのくらいか心の準備をしたいのです。お答えいただけますか。
 また多額の追徴金が発生した場合に分割などで納税はできるのでしょうか。


 2か所から給与を受け取っている場合は確定申告をしなければなりません。
 ただ、「扶養控除等申告書」は1か所しか提出ができないので、「従たる給与」をもらっている会社で引かれている源泉徴収税額は「乙欄」ではないでしょうか?

 「乙欄」で源泉徴収されているなら高井税額を源泉徴収されておりますので、確定申告をしたとしても追徴税額はそれほど多くはならないと思われます。
 2か所とも「甲欄」で源泉徴収されていて、年末調整まで終わっているとしたら追徴税額は覚悟してください。

 分割での納税は、税務署の徴収部門の方と打ち合わせをしてください。但し、延滞税は所定の利率で掛かってきます。

 2か所からの給与ならきちんと確定申告をなさってくださいませ。

以上、本日の税務相談です。
知らないだけで、無駄に税金を払うことは多く見受けられます。
困る前にまず相談です!
川崎市宮前区鷺沼、税理士 五味英樹事務所の税務相談ブログでした。


このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 税理士 五味英樹事務所

アクセス


大きな地図で見る

〒216-0004
川崎市宮前区鷺沼1丁目11番地1鷺沼DIKマンション216号

お問い合わせ 詳しくはこちら