税務相談ブログ

2012年9月28日 金曜日

養育費と慰謝料に関する税金について。

たびたびですが、離婚がらみの相談です。
最近、多く相談を受けます。
今回の相談は下記の通りです。


 夫・子ども2人・私の4人家族です。
 この度、離婚をします。 
 夫の名義のマンションを売却し、もろもを差し引いて残金およそ1000万円を慰謝料として受け取った場合、税金はかかりますか?また、夫・子ども2人の3人で3/1づつ分けた場合はどうなりますか?
 離婚の原因は夫の子どもへの暴力です。夫は、「全部持っていってくれ...。」と言っています。毎月の養育費も一応払うと言っています。どのように進めていくと後々のトラブルが最小限になりますか?
 現在、子どもが学校に行けなくなっていますので、急いで環境を変えてあげたいのです。
 宜しくお願い致します。


 このケ−スの場合、夫がマンションを売却した譲渡所得税は発生するかもしれません。
 (ご自宅の売却のため売却益に対し3000万円の特別控除があるため恐らく無税だと思われますが)
 あなた自身が慰謝料としてもらう1000万円については贈与税も所得税もかかりません。
 但し、子供にも分けた場合は贈与税の課税対象になる恐れがあります。なぜ、子供にも分けるのかはわかりませんが、分けるなら年間110万円の範囲内であれば3年で無税で子供に分けることができますよ。
 また、養育費にも税金はかかりません。
 後々のトラブルとは養育費の不払いでしょうか?
 養育費の合意ができたら「公正証書」にしておいてください。また、忘れずに、「強制執行認諾文言」も入れておいてください。

離婚って、精神的負担がものすごいとお聞きします。
せめて、税金だけでも安く済むようにはしたいですね。
何かございましたら、お気軽にご相談ください。
川崎市宮前区鷺沼、税理士 五味英樹事務所の税務相談ブログでした!

このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 税理士 五味英樹事務所

アクセス


大きな地図で見る

〒216-0004
川崎市宮前区鷺沼1丁目11番地1鷺沼DIKマンション216号

お問い合わせ 詳しくはこちら