税務相談ブログ

2012年12月 4日 火曜日

個人の確定申告について。開業届の問題、給与所得と事業所得があるケ-ス。

本日の税務相談です。
個人の方からの相談が多いですね。
季節柄からでしょうか。
早速、質問内容に入ります。


 1.開業届けを出していないのですが、今から申請することは可能でしょうか?
 開業日は何を起算日とするのでしょうか?
 特に設けていなかったら、今からの企業で来年早々に申請しても良いのでしょうか?

 2.個人事業とは別に企業にパートで働いております。今年は100万円未満の所得でしたので、配偶者控除内で収まっています。
 来年、上記1.のとおり、個人事業主として開業をし、パートとしても働きたいのですが、パート先で時間を増やして社会保険・年金・健康保険に加入し、することは可能でしょうか?

 3.その場合、収入はパートが130万程、個人事業として、私の給与が5万程度で、収支は恐らく赤字となる見込みですが、手続き上可能なのでしょうか? 


 1.開業届は今からでも届出可能です。
  基本的には事業開始を持って開業です。
  例えば最初の売上代金が発生した日。
  あるいは事業経費の発生する日。
  いずれでも差支えないと思われます。

 2.特に問題はありません。
   勤務時間を増やして社保に加入してくださいませ。

 3.パ−トの給与所得と事業所得の合算での申告となります。
   事業が赤字でしたら損益通算も可能です。 
   そうすると、還付申告となる可能性があります。

是非、給与所得と事業所得との合算で確定申告をなさってください。
控除項目(生損保控除、社会保険、医療費控除など)をもれなく申告してください。

以上、本日の税務相談です。
川崎市宮前区鷺沼、税理士 五味英樹事務所の税務相談ブログでした!


このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 税理士 五味英樹事務所

アクセス


大きな地図で見る

〒216-0004
川崎市宮前区鷺沼1丁目11番地1鷺沼DIKマンション216号

お問い合わせ 詳しくはこちら