税務相談ブログ

2012年12月25日 火曜日

妻名義の預金を夫名義の通帳に移動させたことについて。贈与税の心配をされているケ-ス。

いよいよ年末ですね。
弊事務所の年賀状、今日、書き終えてポストに投函いたしました。
今日までに投函すれば、元旦にクライアント様のところに届くようですね。

本日は夫婦間の預金の名義が曖昧になっているケ-スをご紹介いたします。
早速、Q&Aにいきましょう!


 夫婦共働きです。夫婦の所得は夫6妻4くらいの割合です。
 夫婦の共有財産として月々妻名義で貯めていた預金を解約し夫名義の定期にしました。
 移動させた理由としては、諸々の手続きの便宜上、妻の名義で預金していましたが、金額が高額になり、夫名義に比べ大差がついてきたためです(預金の割合、夫名義2妻名義8)。
 税金等に無知だったため、大口の定期を解約、同日に別銀行の夫名義の同じ通帳に分割して定期預金をしてしまいました。
 妻としても贈与ではなく、夫婦の預金のバランスを取るためだけのもので、贈与税のことを知っていればこのようなことはしなかったのですが・・

 
【質問1】
 大口の定期等が解約された場合、金融機関は税務署に報告するのでしょうか?

  →そのようなことはありません。
   但し、税務署より照会があれば資料を提出することになります。
   相続が発生し、税務調査をする際に行われます。
   通常はあまり心配はいらないと思われます。

【質問2】
 この行為は贈与税の対象になりますか?
  

  →夫婦の預金のバランスを取るものであれば逆に贈与とならないよう名義を戻したものと考えてよいでしょう。
   資金移動について、それぞれの寄与分に預金の名義を戻したことを説明できるようにしておいてください。
   贈与税は課税されないものと思われます。 

【質問3】
 贈与税の対象にならないようにするにはどのような対策を行うべきですか?
 例えば、夫婦間で借用書を取り交わすとか、すぐさま預金を解約し、私の口座に戻す等。

  →今回の資金移動について、本来の預金の負担額を夫、妻それぞれの負担分だと説明できるようにしてください。
   この説明ができないようであれば、贈与税が課税されるケ-スとなりうるのでご留意ください。
   もしも、それぞれの負担額と資金移動した残高が合わないようであれば、戻すようお勧めいたします。

夫婦間の資金移動は相続が発生した時に微妙な問題となってきます。
できれば、共稼ぎでしたら、預金の名義とその負担者は明確にしておくのがよいと思われます。
相続税の問題にならないよう...
ご留意くださいませ。

今年もあと6日ですね。
今年も充実した1年でした。

川崎市宮前区鷺沼、税理士 五味英樹事務所の税務相談ブログでした!


このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 税理士 五味英樹事務所

アクセス


大きな地図で見る

〒216-0004
川崎市宮前区鷺沼1丁目11番地1鷺沼DIKマンション216号

お問い合わせ 詳しくはこちら