税務相談ブログ

2013年1月28日 月曜日

収益のある土地の贈与について。相続時精算課税の制度を適用すべきかどうかについて。

明日は、確定申告の無料相談に相談員として出席いたします。
頑張ります(^.^)/~~~

最近はやはり、確定申告や贈与が絡んだ相談が多いですね。
早速ですが、Q&Aにいきましょう!


 質問があります。

 2007年頃、親が購入した土地に自身で建物を建てて、ある企業さんに貸しております。

 その土地を相続時精算課税制度 を使って子供に生前贈与しようかと考えています。

 土地代が1500万、建物が1000万でしたが、建物は減価償却で価値が下がると思われます。
 相続時精算課税制度を建物に適用したほうがいいのか。
 それとも死後まで待って相続することにして、現金を生前贈与したほうがいいのか、悩んでいます。
 ちなみに子供は企業さんへの建物の貸し出しは継承しますので、贈与後、即、子供への収益が発生します。
 良いアドバイスをお願いします!


 相続時精算課税をご利用することを迷っていらっしゃるようですね。
 贈与のケ−スは土地については路線価で評価いたします。建物は、固定資産税の評価額で評価いたします。
 企業様へ貸し付けていらっしゃるので、土地は路線価の価格より、多少安くなります。
 (貸家建付地という評価になります)
 また、建物は固定資産税の評価額の7割(企業様へ貸し付けていらっしゃるので)となります。
 従いまして、相続時精算課税を適用しての贈与でしたら、贈与税は発生しないものと思われます。

 そして、生前贈与するかどうかですが、あなたとお子様のの今の所得状況が分らないのでなんとも言えません。
 所得税は「超過累進税率」(段階的に税率が上がること)です。
 あなたがお子様の所得より高いのであれば、税率の高低の関係で節税になるかもしれませんね。

 資料をお持ちいただけましたら、試算の方は、サ-ビスでご利用いただけます!

相続時精算課税制度は使い勝手は良いのですが、相続対策にならないケ-スもございます。
また、一度選択してしまうと元には戻せません。
是非、ご相談いただいてからの決断がよろしいと思います。

川崎市宮前区鷺沼、税理士 五味英樹事務所の「税務相談ブログ」でした!


このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 税理士 五味英樹事務所

アクセス


大きな地図で見る

〒216-0004
川崎市宮前区鷺沼1丁目11番地1鷺沼DIKマンション216号

お問い合わせ 詳しくはこちら